APJ Media合同会社金融商品取引業者投資助言・代理業 近畿財務局長(金商)第408号 一般社団法人日本投資顧問業協会 会員

日本人が知らない年4回、6つ合わせて年24回の配当収入

この6つの銘柄は「買って、持っておくだけ」。売る必要はありません。

※効果を保証するものではありません。

無料メルマガ登録で特別レポート

「永久に持っておきたい6つの高配当米国株」

を手に入れてください↓

6つの銘柄をずっと持っておくだけ。チャートを見て売ったりする必要はありません。「ずっと持って、配当を受け取り続けること」これを期待するのがコンセプトです。

6つの株は全て年4回ずつ配当を出す可能性が高いので、持っているだけで年4回、合わせて24回の配当を受け取ることが期待できます。

配当は「1株あたり◯◯円」と支払われるので、株価が荒れても、暴落したとしてもあなたへ配当をもたらしてくれることが期待できます。

APJ Media合同会社について

Oxford Club Japanを運営する、私たちAPJ Media合同会社は、50年以上の歴史を持つ米国最大の金融投資のニュースレター出版社であるAgora社と日本のダイレクト出版によって設立された合同会社です。

私たちの目的は、この2社が協力して日本国内に金融先進国であるアメリカ本場の情報を日本人向けに編集提供することで、日本人の投資リテラシーを向上することです。

日本人の投資リテラシーを高め、実際に投資して資産を増やしてもらい、豊かにする。

そして増えた資産を日本経済に回してもらうことで、日本を活性化させることが私たちの希望です。


この 「永久に持っておきたい6つの高配当米国株」レポート。は、世界中に購読者が7万人以上いる有料ニュースレターの中の一部を抜粋したものです。


なぜ無料にしているのか?これは簡単で、世の中は詐欺が多いからです。

・「今すぐ儲かりますよ」

・「個人が毎月10万円すぐに稼げる時代!」

・「こんな投資で儲けるなんて、ズルいですか?」

のような話ばかり。実際中身を見てみると「儲かるプログラム」を売らされることもしばしば。(やっていることはマルチ商法と一緒だったりします)

私たちはそんな人たちとは一緒にして欲しくないので、まずは無料でレポートをあなたに見てもらい、中身を読んでもらってそれで本当に信頼できると思ってくれたら、私たちが日本人向けに編集した、米国から発行されるニュースレターを手に取って配当収入を狙って欲しいんです。


もし、この無料レポートを読んで私たちのことを信頼できないと思ったらそれは、私たちの力不足です。

実際、販売価格に3割以上の利益が乗っている不動産とは違って、米国株は株主みんなが同じ条件の利益を狙えます。(5000万円のマンションがあったら、1500万円は不動産屋に持っていかれるということです)

米国株では、あなたが5%の配当をもらったら、私たちも5%の配当をもらうことができます。(ちなみに私たちも、もちろん株を買っています)

ですので、不動産投資とは違って、あなたにこの情報を教えても誰も損をすることなく、むしろみんなが幸せになれると思っています。

著者紹介

マーク・リクテンフェルド

Marc Lichtenfeld 

このレポートの著者であるマーク・リクテンフェルド氏は米国株配当投資の専門家で、株式市場では30年以上のキャリアをもち、FOX、CNBC、ウォール・ストリート・ジャーナル、Bloomberg、Barronsなどの有名メディアにも出演しています。彼が発行する有料ニュースレターの購読者は世界中に6万7000人以上。


マーク氏が発行するニュースレターでは、配当を使った長期・短期の具体的な銘柄を示した投資戦略を提供。長期に渡ってその購読者へ多大な利益をもたらしてきました。今日、あなたが手にするレポートはこのニュースレターの一部。まずはこの長期投資戦略で紹介されている銘柄に投資して、配当を受け取ってください。



アメリカ本場で配当投資のプロとして生きてきた彼の生の情報をまとめた…それがこの「永久に持っておきたい6つの高配当米国株」です。



私たちOxford Club Japanは、そんな米国Oxford Club、そしてマーク氏とライセンス契約を結び、マーク氏の投資知識を日本に広めるための活動をしています。

※効果を保証するものではありません。

実際にレポートを手にしたお客様の感想

永久という根拠もわかりやすく、大変興味深い内容でした。

50代 ブルーブルーさん

*個人の感想であり、成果や成功を保証するものではありません。

分かりやすかったです。貴重な情報だと思いました。日本の対面式営業の同業者と比べ、非常に分かりやすく中立的な姿勢が信頼を育んでいると思いました。そこから考えると、日本に於いて良心的だと思います。

50代 HIROさん

*個人の感想であり、成果や成功を保証するものではありません。

目からうろこが落ちました。断然、米国株ですね。

*個人の感想であり、成果や成功を保証するものではありません。

60代 中村俊一さん